情報湧き出る泉サイト:ウェルマガ

Well Magazine

コピーライティング

文章が苦手でも書けるブログ記事の書き方

投稿日:

「文章なんて1文字も書けない!」

そんな状況から脱却して2000文字くらいなら余裕で書けるようになった方法をお伝えします。

 

いざブログを書こうとしても

  • 何も思い浮かばない
  • そもそも書く事がない
  • 文章の書き方がわからない

など、色々な理由があって書くことを断念しちゃった事はないでしょうか?

実は私もブログを書き始めた頃はそんな感じでした。

 

今日の天気は晴れ

 

くらいしか書く事が思い浮かばなかったのです。

そんな私がコピーライティングやブログの書き方を勉強して身につけたオリジナルの記事の書き方がこちらです。

 

フレームワークを使う

よくある方法としては、「結果→疑問→共感→本文→まとめ」みたいな構成です。

例えば

 

「1ヶ月で10kg痩せました、ダイエットって辛くないですか?

私のダイエット方法は飲むだけで痩せるんです。くわしくはこちらから」

 

簡単に書いてみたけどこんな感じの文章ですね。

最初で結果、疑問を投げかけつつ共感、痩せたまでの流れや経過報告入れて商品ページへのリンクって構成です。

わかりやすいからアフィリエイト方式で書いてみたけど、普通の情報系ブログも同じような構成で書けます。

 

〇〇出来る方法、○○出来なくて困ってるよね?やり方紹介、ざっくりまとめ

 

こんな流れで文章構成考えておけば、それっぽい記事が出来上がります。

その他にも「questの法則」とか「起承転結」とか色々とフレームワークは存在してるので、自分の気に入った物1つを使うと文章書くのが楽になりますよ。

 

検索エンジンのキーワードを使う

ターゲットの絞り込みにGOOGLE先生の力を借ります。

私が主に使っているのは、GOOGLE検索エンジンのキーワードです。

 

今回で言うなら「文章 苦手」をメインキーワードに探しました。

すると、サブキーワードに使えそうな「ブログ 書き方」を見つけたので、

文章は苦手だけどブログの書き方を勉強したい

って人をターゲットになるようにキーワードを決めました。

 

記事を書き始める前に検索エンジンで使えそうなキーワードをピックアップしておくと、文章書く時のネタになってスラスラと書けるようになります。

同時に実際の検索エンジンのキーワードを使っているのでSEO対策にもなって一石二鳥!

個人的に検索エンジンはネタの宝庫だと思っています。

 

スタートは段落から

文章の書き方とキーワードの選び方が何となく分かったら次はネタの整理です。

いきなり文章を書き始めると途中で話が違う方に流れたり、段落つける時に「どっから段落?」みたいな事になって困る事が多いです。

最初はまず段落を決めた方が記事の話がズレずにまとまりやすいので、私は段落から書き始めます。

 

段落はH2タグを使います。

H2タグ内でも文章が長くなりそうであれば、H3タグを使ってさらに細分化します。

 

段落の細分化とかよく分からない

 

って時には、段落は文章のコンセプトと思ってつけてください。

 

現在の段落では「段落の話」っと言うコンセプトがあるので、段落の話だけしています。

コンセプトを決めると書く内容がはっきりとするので、悩まずに書き進める事が出来ます。

 

知識を伝えるように

本文を書き進めます。

ブログ記事の書き方は人に道を教えるのに似ています。

例えば駅を聞かれた時に

 

〇〇と言うビルを右にいって眼の前のコンビニを通り過ぎると駅があるよ!

 

自分が駅の場所を知っていればこのように即答出来ますよね?

ブログも同じで自分の知っている事をただ説明しているだけなのです。

 

 

「いざ書こうとすると何も思い浮かばないんだよ!」

 

って時には誰かに質問されていると思ってください。

自分が知っている事に対して「〇〇はどうやるの?」っと質問してみると答えが出てきますよね?

その答えをただ書くだけでいいのです。

 

難しく考えるほどに文章は出てこなくなって不自然になるので、思いついたらどんどん書き進めましょう。

考えるのは読み直した時に「あれ?ここちょっとおかしいな?」って感じたら修正していけばいいのです。

 

文章は短く区切る

コピーライティングの勉強してると耳にタコが出来るくらい言われます。

 

スマホが普及して長い文章だと読みにくいから短くしろ!

 

みたいな文章もどこかで見たことあるのではないでしょうか?

実際に長い文章だと読みにくいのは読みにくいですね。

 

文字ばっかりの小説は目次見ただけでも眠くなるけど、漫画とかだと40冊くらいは一気に読める!みたいな物です。

「小説でも余裕だぜ!」って方からするとピンっとこない例えですけど、漫画とかは1コマに必要な文章だけって構成なので文が短くて読みやすいのです。

たまに「読ませる気が無いだろう?」ってほど密集したセリフが出てくるけれど、大体読み飛ばします。

 

文章は短く!1コマに収まる範囲で!を心がけると文章力なくても比較的読みやすくなるんです。

構成的に「1ブロック4行以内!1行30文字以内!」みたいな事も言われますけど、個人的にはあんまり気にしなくていいかな?っと思ってます。

 

私の書き方としては、文章を口で読んでみて一呼吸必要な所で1行改行を空けてます。

行の制限はあまり気にしてないですね。

書きたい事書いて分けれそうな分けるし、分けれなそうなら無理に分けない。

短くしすぎも読みにくいと思うのでね☆

 

100記事書いてみる

ここまでくれば後は経験あるのみです!

 

最初の10記事くらいは試行錯誤しながら書く事になります。

30記事辺りから慣れてきます。

60記事超えると1000文字余裕で超えてきます。

100記事になったら貴方も立派なブロガーです。

 

100記事を超えてくると結構PV数も上がって、アフィリエイトブログなら報酬もそこそこ貰えるようになる時期です。

後は読んでくれる人が求めてる情報をただ更新し続ける事になります。

 

ネタに困った時には?

最後に、ネタに困った時にはどうしているか?

書く事を止めて外に出ます。

 

考えるな感じるんだ!」っと某武術家の方が言っていたので、感じる事が出来ない時には気分転換した方がいいですね。

 

全然違う事してると新しいネタを発見出来たりします。

スーパーで買い物中に思いついたりした事もあったし、気分転換は重要ですね。

 

 

それでもネタが出ない時には・・・「GOOGLE先生に聞きましょう」

ブログ 書き方」のネタを書きたい時には「ブログ 書き方」や「ブログ」とかで出てきた複合キーワードを元にキーワードを見つけていくとネタに困る事はありません。

 

なんやかんやでGOOGLE先生最強

-コピーライティング
-, ,

Copyright© Well Magazine , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.